疲労回復食材を食べよう

心身を健康に保つために必要な栄養素が不足していると、疲れやダルさを感じやすくなってしまいます。
食事の面からも疲労を回復させましょう。

新宿,マッサージ,安い,ほぐしの森,2980円,

クエン酸

疲労回復にお馴染みのクエン酸。
疲労物質である乳酸を排出させる作用がある栄養素です。

オススメ食材

梅干・レモン

ビタミンB1

糖質などをエネルギーに変換する働きがあり、筋肉や神経の疲労を和らげる働きがあります。
運動による疲労の蓄積を抑え、溜まった疲れを回復させる効果が期待できます。
クエン酸と並んで疲労回復に特に効果的と言われる食材です。

オススメ食材

豚肉・レバー・豆類など

ビタミンB2

脂質をエネルギーに変換する栄養素で、不足すると倦怠感につながります
皮膚や粘膜の健康を保ち、肌荒れやニキビ、口内炎などの症状が出ている場合は不足している可能性があるので、積極的に摂取しましょう。

オススメ食材

レバー・うなぎ・納豆など

アミノ酸

体を作るタンパク質の元となっているアミノ酸。
臓器や筋肉、血液などの材料となるだけではなく、全身に酸素を運んだり食べたものを分解したり、健康維持のためにも欠かせない栄養素です。
疲労回復に必要なのがグルタミン酸。激しい運動で消費されやすいので、スポーツの後などに積極的に補っておきたい栄養素です。

オススメ食材

昆布・トマト・緑茶など

ビタミンC

ビタミンCは病気に抵抗する白血球やリンパ球に多く含まれています。
またストレスに抵抗する脳内物質を合成するのにもビタミンCが使われます。
肉体疲労にも効果が高く、不足すると疲労感や脱力感に繋がってしまいます。

オススメ食材

アセロラ(生)・青汁・パセリなど

ビタミンE

抗酸化力が高く、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。
不足すると血流が悪くなり、肩こりや頭痛、冷え性につながる可能性があります。

オススメ食材

アーモンド・煎茶など

カルシウム

骨や歯の主要な成分でもあるカルシウムは、血液などをアルカリ性に保ち、免疫力を高める効果があります。
また神経の興奮を鎮めてくれる効果があり、摂取することでリラックスを促すことができます。
不足すると血中のカルシウム濃度を保つために骨などから取り出して使うので、骨粗鬆症に注意が必要です。
ビタミンDと一緒に摂取することで吸収を高めることができます。

オススメ食材

牛乳・チーズなど

鉄分

慢性的に疲れやだるさを感じるという方は鉄が不足している可能性があります。
血液中で酸素を体中に行き渡らせる赤血球の元になる成分で、これが不足していると体に酸素が行き渡らなくなるなど代謝の低下を引き起こします。
女性は月経などによって不足しがちと言われているので積極的に摂取した方が良い栄養素です。

オススメ食材

豚レバー・しじみ・卵黄など

不足している栄養素はサプリメントで補うこともできますが、過剰に摂取するとかえって良くないものもあります。
できるだけ毎日の食事から摂取するようにして、疲労回復に役立てるようにしましょう。